長生園/デイサービスセンター介護バイト学生求人【未経験OK介護の高時給募集】

☆介護支援専門員取得者の求人多数。

☆退職金制度がある求人で安心です。

☆介護職員初任者研修取得者の求人多数

☆医療事務の求人多数。

☆実務者研修取得者の求人多数


長生園/デイサービスセンターでは介護職員が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお話下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



長生園/デイサービスセンターの概要

郵便番号 〒991-0063
住所 山形県寒河江市大字柴橋2246-1
電話番号 0237-86-5855
施設形態 デイサービス
地図
※ご注意下さい。 ※記載している介護施設とリンク先とは一切関係ありません。

長生園/デイサービスセンターの求人が募集されているかはコチラに登録して確認して下さい。


カイゴジョブ申込み



未経験OK介護の高時給募集

☆介護支援専門員取得者の求人多数。

☆退職金制度がある求人で安心です。

☆介護職員初任者研修取得者の求人多数

☆医療事務の求人多数。

☆実務者研修取得者の求人多数


介護施設では今人手が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお聞かせ下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



お探しの職種や雇用契約は?

機能訓練指導員・管理職・サービス提供者・生活相談員・ケアマネージャー・ヘルパー・家事代行スタッフ・管理栄養士・医療事務・介護事務・送迎ドライバー・看護師
の職種を希望で

正社員・契約社員・パート・アルバイト・派遣
の雇用をお探しならコチラがおすすめです!



介護施設の転職はプロにお任せ

ホームヘルパー・施設介護職員をはじめ、ケアマネジャー、サービス提供責任者、生活相談員など、介護・福祉の仕事に特化した求人情報をお探しであれば、30秒程度の簡単な登録だけですぐにネットでたくさんの介護士求人情報を入手する事ができます。

全国の介護福祉の求人情報の中から自由にお仕事を探す事ができ、簡単な会員登録でそのまま各法人に直接応募が可能です。さらにチェックボタンで簡単に一括応募できる機能もあり、複数求人への応募も楽々です。また、新着求人の案内や、おすすめの介護福祉関連情報などのメールマガジンにより、あなたのお仕事探しをサポートします。

ヘルパーや介護支援専門員(ケアマネジャー)、介護福祉士(ケアワーカー)、社会福祉士(ソーシャルワーカー)、作業療法士、理学療法士、医療事務、介護事務、管理栄養士など、最新かつ現在募集中の有効な介護士求人情報が見つかりますよ。

でも、「転職のプロ」を使った方がお得な理由はそんなことではありません。

◆職場の雰囲気はいい?

◆スタッフ同士の人間関係はギクシャクしていない?

◆先輩職員さんたちは定着している?

◆就職後のお給料の上がり方は?

◆残業はどのくらいあるの?

◆休日日数はしっかり確保できるの?

◆どんな人物を採用したがっているの?

◆ズバリ、私が採用されるにはどうしたらいい?

・・・求人情報を見ただけでは、「実際どうなの?」というところまでは分かりませんよね。

採用する施設側が作る求人情報には「自分たちに都合の悪いこと」はわざわざ書かないのが普通です。

自分からは聞きづらい内容も「転職のプロ」の力を借りて正確な情報を得たり、不安なこと・疑問に思うことなどを納得のいくまでリサーチしたり、よりよい転職のために必要なアドバイスを何度でも完全無料で受けることができます。

ご自分の将来のために、また希望にあった職場への転職を実現するために、「転職のプロ」のサービスを受けてみてはいかがでしょうか?



こんな時は転職サポートがオススメ

  • 休日が少なすぎて体調を崩してしまった
  • 職員が次々と退職してしまい負担が大きくなった
  • 職場の雰囲気が悪かった
  • 退職補充がなく仕事が増えすぎた

転職の理由が「年収300万円以上は欲しい」「交通費が支給される会社に就職したい」「年収400万円以上の職場に転職したい」「経験を評価してくれる施設に転職したい」などの場合は特に、あなた一人で次の転職先を探すよりも、各施設の個別事情にも詳しい転職のプロの力を借りて、より希望に合った転職を実現させていくのがオススメです。

「未経験OK介護の高時給募集」をご希望であれば、全国の介護施設全体の平均給与にも目を通しておきましょう。


あなたの希望の転職・就職を叶えます!

●収入を今よりもアップさせたい!

●社内キャリアアップ制度がある施設で働きたい。

●高齢者向け住宅で働きたい。

●ショートステイで勤務したい。

●デイケアーの求人を探している。

●介護施設で管理職の仕事を探している。

●交通費全額支給の介護施設で働きたい。

●賞与が年2回ある介護施設を探している。

●通所リハビリで働きたい。

●正社員の求人を探している。

という希望なら

☆介護支援専門員取得者の求人多数。

☆退職金制度がある求人で安心です。

☆介護職員初任者研修取得者の求人多数

☆医療事務の求人多数。

☆実務者研修取得者の求人多数

コチラがおすすめです!



介護施設で介護士不足

全国の介護施設で、介護士不足でたくさんの介護士求人が出ています。

なぜ介護士求人が全国の介護施設でたくさん出ているのか。

それは、身体的にも精神的にもかなりの労働、負担がかかるわりに給料が少ない。

他人の排泄物などの始末をしたくない。

など他にもたくさんの理由があり、イメージ的に悪いイメージが多いように思われています。

確かに、そうかもしれません。私も最初はそうでした。

ですが、介護士も嫌な事ばかりではありまさん。良いところもたくさんあります。

たくさんのお年寄りからたくさんのことを学ぶことだってあります。

介護施設に入所している方々は、大体の方が人生の先輩です。

昔の知恵を教わったりすることもあります。

何より入所している方々のありがとう。の言葉をもらうのがすごくすごく嬉しいのです。

確かに介護士は辛いですが、そのありがとう。の一言や笑顔でその辛さがなくなります。

介護施設で介護士として働くことはとてもやり甲斐があります。




介護職派遣求人も豊富にあります

介護職派遣求人をお探しなら、週3日勤務・週4日勤務・土日出勤なし・夜勤なしなどのご希望に合った働き方のできる職場がみつかります。こちらでご紹介している介護士の働き方は、長時間労働・長期勤務だけでなく、短期・単発・派遣といった働き方も選択できるようになっていますので、安心して求人情報をお探しください。

介護施設も介護職派遣求人に積極的です

すぐに正社員になりたいと思っても、未経験から目指すのは難しいと言われています。

それよりも介護職の派遣から始めて、経験を重ねた後に社員登用を目指したり、正社員求人に絞って転職活動を行う方が良いですね。

それに介護職も派遣からスタートすれば介護職の適性を判断しながら職場に馴染んでいきますし、「今後も長く働きたい」と思えば、正社員へのステップアップも本気で考えることができるでしょう。

介護派遣なら短時間勤務しやすいですし、正社員のように夜勤が入らない、残業がない、というメリットもありますね。

育児と仕事の両立を考えていたり、資格取得の勉強に力を入れたい場合など、充分に両立できるのではないでしょうか。

また、以前は別の業界で派遣(一般事務など)をしながらも、「ずっと介護の仕事に興味があり、タイミングが合えば働きたいと思っていた」という方もとても多いんです。

やはり介護は社会的な意義が大きいですし、日本は少子高齢化が進んでいる国ですから、今後ますます介護業界のニーズは高くなります。

高齢者が高齢者を介護する老老介護の問題もありますし、2025年に少子高齢化はピークに達すると言われています。

約4人に1人が高齢者になりますので、今のうちに経験を積むことで、より有利な条件で転職できるのではないでしょうか。

そのためには、早期に介護職に携わり、必要な介護資格を取得していってください。介護職でも派遣であれば時間に余裕がありますので、働きながら介護職員初任者研修を目指しやすいと思います。

将来的に介護福祉士やケアマネージャーを目指すなら、初任者研修ではなく、最初から実務者研修の方が良いでしょう。




介護施設の種類と特徴

介護施設の種類と特徴

デイサービス
自宅で生活をしながら、介護を受けている人に対し、 日中の一時的なケアを提供する場所。介護スタッフによる送迎サービスのある施設がほとんど。

【特徴】夜勤がない。日曜日が休みの施設が多い。レクレーション中心、機能訓練中心など、施設により特徴がある。

特別養護老人ホーム
身体や精神に障がいがあるなどし、家庭での介護が難しい人(65歳以上の要介護者)を長期的視野で介護提供する場所。

【特徴】医師、看護師が常勤しているため、医療的な不安がない。介護度の高い方が多いため、技術が高まる長期的なケア提供が可能。

グループホーム
認知症対応型共同生活介護事業所。要介護度1以上で、認知症状があるものの、自分の身の回りのことは自分で出来るという高齢者が地域社会の中で共同生活を行う場所。
スタッフは、積極的な介護提供を行うというよりは苦手なことや出来ないことを助ける黒子的役割。

【特徴】少人数制(1ユニット9人以下)のため、変化に気付きやすい。施設でありながら、家庭的な雰囲気である。提供する介護ではなく、共に行う介護を学べる(家事支援も必須)。

有料老人ホーム
主に60歳以上の自立高齢者が生活をする住居。 民間企業が最も多く参入しており、中にはホテル並みの接遇でサービスを行うホームもある。入居条件や部屋タイプなどは、施設により大きく異なる。

【特徴】同僚のケアを学べる。昇給昇格、キャリアプランなどが分かりやすく体系化されている場合が多く、将来的なビジョンを描きやすい。

ショートステイ
短期入所生活介護。自宅で生活をしながら、介護を受けている人に対し、 一時的な宿泊サービス提供する場所。

【特徴】様々な状態の利用者に接することが出来る。介護の高い方は、比較的少ない。

サービス付き高齢者向け住宅
一般賃貸住宅の内、主に60歳以上の自立高齢者の入居を主とする住宅。一般住宅のため、入居条件等は物件により異なる。極めて一般的な個宅式のものから、キッチンやリビング、浴室を共有部にも設けたものなどさまざま。

【特徴】訪問宅が同一建物内のため、移動にデメリットがない。在宅でも、同僚が近くにいるから安心。

老人保健施設
入院の必要がなくなった、マヒやけがの症状が安定した高齢者(65歳以上の要介護者)が自宅復帰する前に、短~中期的にケアする場所。
※3カ月、6カ月の単位で入所する施設。自宅に戻ることが前提。

【特徴】機能回復を目指した介護を行うため、快復(もしくは維持)への変化が実感できる。多くの職種のスタッフがいるため、ケアへの多様なアプローチが学べる。

小規模多機能施設
自宅で生活をしながら、介護を受けている人に対し、日中の一時的なケアを提供する場所。介護スタッフによる送迎サービスのある施設がほとんど。

【特徴】在宅サービスでありながら24時間の状態把握が可能。訪問看護、訪問リハなどとの組み合わせが可能となり、ケアの知識の幅が広がる。

訪問介護
自宅で生活をしながら、介護を受けている人のご自宅に訪問し、その家庭のやり方にそった介護提供を行うサービス。
※サービス提供は、原則ヘルパー1名で行う。

【特徴】一対一で介護が出来る。自宅近くで土地勘を活かしながら働ける。のびのび働ける。時間単位で動ける。

訪問入浴
ご家庭の浴槽で入浴することが困難な方のご自宅に、専用の浴槽を積んだ入浴車で訪問して入浴を行うサービス。高齢者に限らず、重度障がい者へのサービス提供もある。

ケアハウス
助成制度が利用できるため、低所得者の比較的費用負担が少なく、60歳以上の高齢者が、食事や洗濯などの生活介護を受けられる施設。




介護保険制度の現状、今後の見込み

要介護認定者の推移

介護保険制度は、介護を社会全体で支え、総合的な介護サービスを利用者自身の希望によって受けることができる新しい公的社会保険制度として平成12年4月にスタートし、以来、要介護認定者や介護サービスの利用者数は大幅に増加しています。
要介護認定者の今後の見込みについては、平成26年9月末現在と比較して、平成37年度では約1万4千人増加し、8万人程度となることが見込まれます。
65歳以上の要介護認定者数は、平成 25 年度末現在で約6万3千人ですが、今後増加が続き平成37年度には7万8千人程度となることが見込まれます。また、65 歳以上の高齢者の要介護認定率も上昇が見込まれ、平成 37 年度には 22.1%まで上昇することが見込まれます。
また、要介護度別の居宅サービスの利用者と施設サービスの利用者については、要介護度が高くなるにつれて、施設サービスの利用者数の割合が高くなっています。



地域包括ケアを提供する人材の確保及び資質向上

介護職員

介護職員とは、主に以下の労務に就く者を指しています。
○訪問介護員
介護保険法の指定事業所で働き、高齢者等の家庭を訪問して家事等の生活援助や入浴等の身体介護を行う者
○その他の介護職員
介護保険法の訪問介護以外の指定事業所で働き、直接介護を行う者
《現状》
○国の「介護サービス施設・事業所調査」によると、入所系、訪問系、通所系を合わせて2万人弱の介護職員が県内の介護施設・事業所に勤務していると推計されています。
○介護職員の処遇を改善するために、平成 21 年 10 月から介護職員処遇改善交付金が交付されました。
その後、この交付金に代わって、効果を継続させるための介護職員処遇改善加算が、平成24年度介護報酬改定において創設されました。
《課題》
○介護労働に関しては、他の産業より離職率が高いことや給与水準が低いこと等が課題として指摘されています。
○後期高齢者や単身、夫婦のみの高齢者世帯が増加することによる介護サービスの量的拡大により、必要な人材が不足することが想定されます。
○医療的ケアや認知症対応など質の高い介護サービスの需要が拡大していくことが予想されます。
○県内の介護職員等の離職率は 13.2%(全国 17.0%)で、平成24年度山形県介護労働実態調査によると、事業所の約4割で人手不足を感じています。
《施策の推進方向》
○平成26年3月に策定した「山形県介護職員サポートプログラム」に掲げる
①理解促進
②育成確保
③定着・離職防止
④介護技術・知識向上
⑤雇用環境の改善
の5つの施策の柱に沿って、関係機関・団体の連携・協働による総合的かつ一体的な介護職員支援策を展開します。
○将来の担い手である小中高生や学生等から、介護業界が「選ばれる業界」となるため、県は、介護職・介護現場の正確な実態や魅力を伝えます。
○県は、将来県内での就労を希望している、県内の介護福祉士養成施設等の在学者の支援として学資を貸与する介護福祉士修学資金により、介護現場の中核となる人材の確保を図ります。
○県や県社会福祉協議会等が行う介護技術、知識向上に向けた研修や、関係団体によるキャリア段位制度などの資質向上に向けた取組みに加え、中小規模事業所が行う人材育成への支援や、世代・職種間の人材交流などの機会を創出することにより、県は、介護職員のキャリア向上に繋がる環境を整備します。
○県は、人事・労務管理や財務などについての経営者・管理者層向けのセミナーを開催するとともに、介護サービス事業所等に対する個別のコンサルティングにより、経営力の改善・向上を図りながら、職員の処遇改善に繋げます。
○県は、関係団体、養成機関及び社会福祉法人等が、それぞれの有する専門的な知見や人材を活かして行う介護職員確保に向けた取組みを支援するとともに、女性や高年齢者等の介護職への参入を促進します。



就職・転職コラム

企業ガイダンスから加わって、筆記での試験や個人面談と段階を踏んでいきますが、または具体的なインターンシップや同じ学校の卒業生を訪問したり、リクルーターとの面談等による働きかけもあります。
いわゆるハローワークの就職の仲介を受けた際に、その場所に勤務できることになると、色々な条件によって、就職先からハローワークに対して求職の仲介料が必須だそうです。
一般的に自己分析をするような時の注意しなければならない点は、抽象的な表現を使わない事です。要領を得ないたわごとでは、採用担当者を合意させることはできないのです。
【応募の前に】成長業界の企業であれば、他にはないビジネスチャンスがたくさんあるものだ。新規事業参入の機会もあれば、子会社を設立したり、大切な事業やチームの責任者にさせてもらえる可能性が高くなることが多いのです。
最近の仕事の同業の人で「父親の口添えでシステムエンジニアから転職してきた。」という異色の経歴を持つ人がいて、その人の意見としてはSEをやっていたほうが百倍も楽が出来る業務内容だったそうだ。

面接には、たくさんの種類のものがあるから、今から個人面接及び集団面接、さらにグループディスカッションなどをわかりやすくお伝えしているから、確認してみてください。
「忘れずに筆記用具を携行するように。」と記述があれば、記述テストの疑いが強いですし、よく「懇談会」とあるならば、小集団でのディスカッションが手がけられるケースがよくあります。
いわゆる社会人でも、ちゃんとした丁寧語や敬語などを使っている人はほとんどいないのです。ほとんどの場合、世の中ではただ恥をかいてすむところが、面接の際は致命的(面接失敗)なことがほとんど。
採用試験にて、面接以外にグループディスカッションをやっているところは最近多いです。会社は普通の面接だけでは見えてこない気立てや性格などを知っておきたいというのが主旨だろう。
明らかに見たことのない番号や非通知設定されている場所から連絡があると、不安に思う気持ちはわかるのですが、なんとか我慢して、最初に自らの名前を名乗るものです。

「心底から赤裸々な気持ちを話せば、仕事を変えることを決意した要素は給与の多さです。」こんなケースも聞きます。ある外資のIT企業の営業関係の30代男性社員の実話です。
会社であれば、1人だけの都合よりも組織の成り行きを先にするため、よく、合意のない人事転換があるものです。言わずもがな当の本人ならうっぷんがあるでしょう。
「就職氷河期」と初めて呼ばれた際の世代で、マスコミが報道する話題や社会の動向にどっぷり浸かる内に「就職できるだけ掘り出し物だ」などと、働き口を即決してしまった。
正直なところ就職活動をし始めたころ、「就職活動がんばるぞ!」と思っていたのだが、毎度毎度不採用の通知ばかりが届いて、最近ではすっかり会社に説明を聞くことでさえコワくなって行動できなくなっています。
結論としましては、いわゆるハローワークの就職の仲介で就職する場合と、通常の人材紹介会社で就職する場合と、両者を並行して進めるのが良い方法ではないかと思うのです。